ピクルス〜カンタン!引き算、時短レシピ!!/河辺たけひろの『暮らしをもっと不便に!』Vol.51 

ピクルス。
 
和食的に言うと「漬物」。
 
この「漬物」っていうのは、どうやら世界中、どこの国にもあるようです。
 
「ピクルス レシピ」ってググると、いろんなレシピが出てきます。
 
お酢や水や砂糖やローリエや鷹の爪や白ワインや、いろいろ入れて一度煮立たせてピクルス液を作り・・・
冷蔵庫に30分入れてからどうのこうのとか・・・
 
はっきり言って、そんなのテキトーでいいんです!
 
ムズカシく考えずに、料理はざっくりテキトーに作りましょう!!
 
カンタン!引き算、時短レシピ!!
 
 

【材料】
 ・野菜 ・塩 ・お酢
 以上!(笑)


ピクルスなんて、はっきり言ってこれだけで作れます。ムズカシイことなど何もいらない。
なんなら、大概のピクルスレシピに登場する「密閉容器」すらなくても大丈夫。
いや、まぁ密閉容器に入れてもいいんですよ。でもね、野菜を器にテキトーに入れて、塩とお酢をまぶしておくだけでも立派なピクルスになります。
これホント!

とても大事なのは、ちゃんとした野菜、ちゃんとした塩、ちゃんとしたお酢を使うこと。
 
生産効率を上げるために安易な方法で作られた野菜や、
生産効率を上げるために安易な方法で作られた塩や、
生産効率を上げるために安易な方法で作られたお酢などを使っていたら、
どんなに頑張ってあれやこれや手を加えても、ちゃんとしたピクルスは出来上がりません。
 
これホント!
 
 
だ・か・ら・・・・
生産効率を上げてはいけないのです!(笑)
 
 
生産効率を上げないで、じっくりしっかり丁寧に作られた素材や調味料を使うと、料理が実にカンタンになるのです!
 
でね、
生産効率を上げないでじっくりしっかり丁寧に作られた素材って、安易な方法で作られた素材に比べると少々値段が高かったりするわけですが、
でも安易な方法で作られた素材ばかりを使っていると、素材自体の旨味とかが少ないから、あれやこれや余計な調味料とかを加えることになったりして、結局逆に高く付いたりするのです。
 
これが「反生産性のワナ」。
 
生産性を上げようと思ってあれやこれややっていると結局逆に手間暇もコストも掛かるっていう(笑)
 
平たく言うと、安く上げようと思ったら結局返って高く付く、ってことです。
 
「安物買いの銭失い」っていうのと、本質的に同じですな。
 
 
だから、少ない量のちゃんとしたものをシンプルに使いこなしましょう!
 
 
戦後の日本の、大量生産大量消費の時代はもう終わりました。
 
より質の高いものを、少量でいいから丁寧に使う。
 
なるべくそういう暮らし方をしたいなと思います。
「丁寧に暮らす」っていうやつね!
そういう暮らし方の方が豊かだと、ボクは思います。
最近益々そう思います。
 
 
 
ハナシをピクルスに戻すと、
上質な野菜と上質な塩と上質なお酢を使った上で、
バリエーションとしてにんにくを加えたり鷹の爪を加えたり、ローリエを加えたりするのはもちろん全然アリ!
そこはお好みのアレンジの仕方なので、自由にトライしてみるといいです。
そういうのってつまり「スパイス」ですから、自由な発想で遊んでみましょう!
 
「ピクルス」っていうと洋風のイメージもあるかもですが、
中華料理で使われるような八角などでもいいし、山椒でもクローブでもクミンでも、
あるいは砂糖でも蜂蜜でも・・・
自由にアレンジしてみましょう!
それだけでピクルスも結構楽しめます。
 
 
 
どうせ食べるなら、地球の恵みに感謝しながら、シンプルにおいしく戴きましょう!!(^^)/
 
いただきます!!ごちそうさまでした!!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です