スペアリブの塩漬け/河辺たけひろの『暮らしをもっと不便に!』Vol.42 

今回は、洗濯機も冷蔵庫も使っていないワタクシの、食生活をご紹介!
 
ウチのキッチンには、炊飯器も電子レンジもトースターも、そして冷蔵庫もありません。
つまり、キッチン家電が一つもないのです!
 
これを、『オールノン電化キッチン』と呼んでます!(笑)
 
オールノン電化キッチンの食生活は、本当に豊か!
 
今回は豚のスペアリブの塩漬けのお話。
メチャメチャ美味いので、みなさんもやらないとソンします!(^^)/
 
作り方は簡単!
 
ボウルにお肉を入れて、塩をまぶすだけ!(笑)
 
カンタン過ぎる!!
 
で、もちろん常温で保存ですよ、常温!!
 
生でそのままイケます!!
生ハムですから〜(^^)/
 
「生」ハムですよ!!
 
ものスゴくざっくり言っちゃうとですけど、
豚肉を塩漬けにするとどうなるかっていうと、
「生ハム」が出来上がるのです。
 
細かいことを言うと、それを一度少し塩抜きするとか、干すとか、スモークするとか・・・
もちろんスパイスと一緒に塩漬けするとか、
いろんな方法があるんですが、
 
ものスゴくシンプルに言うと、要は塩漬けにすれば「生ハム」が出来上がるのです。
 
作り方は至って簡単!
要は塩をまぶしてほっとけばいい。
 
何千年も前から人類がやっている、
時短の手抜き料理です!(笑)
 
 
「それ、冷蔵庫に入れとかなくていいんですか??」
って、良く聞かれます。
 
えっと・・・
「生ハム」っていうものが世の中に登場したのと、
「冷蔵庫」っていうものが世の中に登場したのと、
どっちが先だと思います??(笑)
 
 
冷蔵庫なんてものが世の中に登場したのは、
せいぜいこの100年ぐらいのハナシ。
 
その何百年も何千年も前から、
人類は肉や魚を「塩蔵」などの方法で保存しているわけです。
 
そしてこの肉の塩漬けのスゴいのは、
タンパク質が発酵してうまみのアミノ酸がバンバン出てくる!!
 
つまり、保存すればするほど美味しくなるのです!!
 
これが『熟成』ということ。
 
 
で、これ、どれぐらい常温で保存出来ると思います??
 
「2〜3日ぐらいとかですかねー?」
「2週間ぐらいですかねー?」
とかって、良く言われます。
 
正解は大体、2年とか。(笑)
 
 
ちょっとしたレストランとかに行くと、
イベリコ豚の2年ものの生ハムとかがあります。
 
そう、年単位で保存出来るのです!
そして熟成してさらにさらに美味しくなる!!
 
では、お肉を冷蔵庫にずっと保存しておいたら美味しくなるでしょうか??
 
正解は、
「ならない!」(笑)
 
美味しくならないどころか、必ず「劣化」するワケで、
いずれは必ず腐ってしまいます。
 
ボクに言わせれば、冷蔵庫での保存は、
単なる「延命措置」。
 
せっかくだから美味しくなる方法で保存しましょう!!
 
 
ざっくり言って、お肉だったらだいたい何でも大丈夫。
豚肉でも鶏肉でも牛肉でも。
 
スペアリブでもバラでもロースでもモモ肉でもむね肉でもサーロインでも!
 
でね、豚でも鶏でも牛でも魚でも、
やっぱし骨の周りの部分の肉がホントに美味い!!
だからスペアリブの塩漬けなんかはサイコー!!
 
そしてこの手づくりの生ハムは、あたりまえのことですが、
添加物が全く入っていないのです!
 
その辺のスーパーなどで手に入りやすい「生ハム」は、
実は添加物だらけ!
発色剤やら酸化防止剤やら・・・
 
手づくりの生ハムの方が何十倍も美味しいのです!
 
そのまま食べるだけではなく、
サラダにまぜても、
卵焼きにまぜても、
スープに入れても、
カレーに入れても・・・
使い方は無限大!!
 
 
こんなにカンタンで美味しくて時短で手抜きの、肉の塩漬け、
やらない人はアタマおかしい!!(失礼!)
 
 
早速、今からお肉を買いに行って、やってみましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です