キッチンには、たわしと重曹/河辺たけひろの『暮らしをもっと不便に!』

ボクの家で台所用洗剤を使わなくなってから、そろそろ8年になりますかねー。
 
「キッチンには口に入れてはいけないものを置かない」
 
これが基本コンセプト。
 
我が家では洗い物は、たわしと重曹。
 
これがホントにシンプルでスッキリ、健康的!

現代の暮らしでは、ほとんどのお宅でキッチン用の洗剤を使ってお皿などの洗い物をしているのではないでしょうか。
 
もちろん主に天然由来の成分で出来ているものなどもありますが、
我が家ではそういうものすら使っていない。
 
だっていくら天然由来成分でも、あれ、飲めないでしょ??(笑)
 
中には飲んでも大丈夫なものもあるのかな??
 
でもね、重曹だったら、間違いなく口に入れて大丈夫!!(^^)/
だって、クッキーを焼いたりする時にも使うものなワケだから。
 
 
重曹は水に溶けるとアルカリ性になるので、油汚れを溶かします。
キッチンで出る汚れはほとんどが油系のものなので、アルカリ性のものを使うと良く落ちます。
 
加えて重曹の場合、研磨剤の役目も果たすので、クレンジング効果もあるわけです。
 
そしてお部屋の掃除でもそうなんですが、重曹を使うとホントにスッキリ、爽やかになる!
ホント不思議。
 
だからお皿などの洗い物も、重曹を使ってスッキリ!!
 
 
ま、でもね、実は重曹を使うまでもなく、ほとんどの場合、
キッチンの洗い物は、そもそも水だけでもかなり落ちる。
 
使ってすぐに洗うこと。
たわしでね!
 
例えばカレーを食べた後のお皿を、シンクに出して一晩とか置いてしまうと、
油汚れがかなりしっかりとお皿にくっついてしまう。
 
でも使ってからすぐに、たわしで擦って洗うと、それだけでも全く問題ないレベルまで落ちます。
給湯器のお湯を使ってもいいけど、寒い時期でなければ水とたわしだけでも全くノープロブレム。
 
だから我が家では、重曹でさえも補助的な感じでしか使わない。
 
とかって言っても、ついつい翌朝まで一晩置いちゃうこともありますけどねw
 
 
鉄のフライパンもたわしだけで洗えばオッケー。
そもそも鉄のフライパンの場合、適度に油が残っている状態で保管しておいた方が錆びないわけだし、
そのように使うように出来ているのです。
 
でもテフロンのフライパンじゃダメかもねー
重曹なんか使って洗ったら、研磨効果でテフロンが剥がれてきちゃうだろうし。

キッチンの洗い物をたわしや重曹でするようになってからホントに驚いたのが、
納豆を食べた後のお茶碗を洗うのが本当にラク!!
 
納豆のネバネバをキッチン洗剤とナイロンスポンジで洗うと、ヌルヌルがなかなか取れにくいですよね。
あれ、たわしで洗った方が断然ラク!!
 
初めてやった時には本当に驚いたものです!
やはり自然素材、万歳!!

みなさん、是非とも一度、騙されたと思ってやってみて下さい!(笑)
 
たわしと重曹。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です