セスキってスゴい!便利!

今回はセスキ炭酸ソーダのお話。 市販の洗剤だとかなんとかを使っていると、やれ、キッチン用だとかお風呂用だとか、トイレ用だとか、なんとか用だとか・・・ ボトルだらけになるワケですw でも、そういうものに惑わされずに引き算な毎日を実践していくと、暮らしって実はとってもシンプルで快適になるんです! 我が家でも実践しているティップスをご紹介!

●洗濯にセスキ!

洗濯機のない我が家では、洗濯物は全て手洗い。 洗濯機を使っているお宅でも、白いワイシャツの襟の汚れなどは結局のところ手でもみ洗いしないと落ちないのでは?? だったら最初っから手洗いしましょう!(笑) セスキ炭酸ソーダ(以下、セスキ)は、水に溶けるとアルカリ性になるので、皮脂汚れを落とすのにはとても効果的!! 濡らしたワイシャツの襟や袖口など、セスキの粉を少し振りかけてもみ洗い! これでメッチャ綺麗になるのです!

●キッチンのお掃除にセスキ!
水に溶かすとアルカリ性になるセスキは、
キッチンの油汚れを落とすのにも大活躍!!
 
セスキ水を作ってスプレーボトルに入れておく、
というやり方も、もちろんありますが、
ボウルや桶にセスキを溶かしてしまった方が何かと使い易い。
 
セスキは単価がめちゃめちゃ安いですから、
モリモリ使っても全然平気!
 
ボウルなどに溶かしてジャンジャン使えます!
 
セスキの分量は、薄めの塩水を作るときぐらい。
テキトーでいいんですよ!テキトーで!!(^^)
 
セスキ水をタオルにジャブっと着けて絞って濡れ拭き!
 
油が着いてしまっているキッチンの壁や、レンジフードや、
棚や床や・・・
 
どこを拭いても大丈夫!
 
仕上で、ただの水拭きをしておくとさらに綺麗になりますよ!
●お風呂のお掃除にもセスキ!

セスキは水に溶かすとアルカリ性。だから、皮脂汚れの着いたお風呂の掃除にも大活躍!! 水溶液をスプレーに入れておくのも面倒ですから、浴槽の角などにセスキを盛っておき、その場で水に溶かしながらジャンジャン使いましょう! 具体的には、濡らしたブラシやスポンジにセスキをちょこっと付けて、そのまま壁や床や浴槽などを擦ってお掃除! 時々シャワーで水を足してあげたりしてね! 日頃のお掃除は、この程度でも充分。こうしておくだけで、いつもお風呂が気持ち良く入れます!

●入浴剤としても!
さらにセスキのスゴいところは、なんと「入浴剤」としても使えるところ!
 
セスキは多くの市販の入浴剤の「基剤」としても使われています。
 
水に溶かすとアルカリ性ですから、これすなわち「美肌の湯」!!
 
天然温泉で「美肌の湯」と言われているものはアルカリ性のお湯。
 
弱アルカリ性のお湯は、皮膚の表面をうっすらと溶かします。
だからお肌の表面のケバケバが取れて美肌になるのです!
 
おうちのお風呂では、セスキを大さじ1〜2杯程度ぐらい溶かしたら、
お好みのアロマオイルを垂らしてもいい。
 
ミントでもティートゥリーでも、オレンジオイルでもラベンダーでもカモミールでも!
 
その日の気分でいろんなオイルを試すことで、
毎日いろんなお風呂が楽しめちゃうのです!
●まとめ
今回ご紹介したものだけでも、
普通に市販のものでやろうとすると、
「洗濯用洗剤」
「キッチン用洗剤」
「お風呂用洗剤」
「入浴剤」・・・
 
全部別々の種類のボトルが必要になってくる。
 
これが全部セスキのボトル一本で済むワケなので、
引き算の暮らしってホントに便利!快適!!
 
 
みなさんも是非とも生活の一部に取り入れてみて下さい!(^^)/


 
100均で売っているドレッシングボトルなどに移し替えておくと、
とっても便利!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です